日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(96)
元気系(198)
いやし系(26)
恋愛系(27)
ペット系(3)
グルメ系(47)
レシピ系(1)
ダイエット系(32)
自慢系(63)
グチ系(299)
オシゴト系(189)
観察系(109)
旅行系(73)
釣り系(1)
映画系(4)
音楽系(223)
スポーツ系(5)
ゲーム系(151)
アニマン系(61)
ちとエエ話系(11)
小説系(69)
秘密系(99)
社会派系(39)
不幸系(103)
闘病系(404)
読み違え
まず始め...
久々です...
大きな違...
部屋は段...
その時間...
明けまし...
うだうだ...
親睦会名...
今何して...
最終日で...
はぴくえ
昨日の
江戸の青...
共用PC
最近すっ...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 利己的遊戯「欲しかったモノ」
藤谷<br>唯純
藤谷
唯純
とりあえず系元気系いやし系恋愛系ペット系グルメ系レシピ系
ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系釣り系
映画系音楽系スポーツ系ゲーム系アニマン系ちとエエ話系小説系
秘密系社会派系不幸系闘病系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆?才 5月27日(双子座) O型 埼玉在住/勤務 23区内出身 社会人 独身 146cm / 黒髪 茶目
◆趣味・興味: 音楽, 演劇, 書籍/雑誌, インターネット, モバイル
作家QRコード
作家QR
 コード 
気付けば周囲に流され、 オタ(同人)活動しちゃってます。 万年病人。 暗い話も多いけど、 基本はネタっぽい生活話が多め。
 
2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    

→最初の日記
→全部で2333日記

欲しかったモノ小説系日記
欲しかったのは、自由じゃない。
欲しかったのは、偽りじゃない。
欲しかったのは……


その瞳に映る世界は、どんな彩りを持っているのだろう。
夕陽の射す、窓辺に立ち尽くしている彼女の、視線の先に映るのは、誰なんだろう。
その寂しそうな表情を、穏やかな表情に変えられるのは誰なんだろう。
声を掛けようとして、俺は戸惑った。

「泣きたい時に、泣けなくなった人間ほど、痛々しいものはない」

何かを知っているかのような、コトバが頭の中で、木霊する。
しっかり正面を見据えながら、遠くの世界を見る彼女は。

そう、まるで……

ソラヲ トバナクナッタ トリノ ヨウデ……

………………

そんなに長い時間、彼女を見つめていた訳ではないのに。
彼女はこちらを向き、俺の名を呼ぶ。
いつものように口の端を歪めるだけの、笑顔を浮かべる。
「瞳(め)が、笑ってないよ。」
「気の所為でしょ?私、いつものように笑っているわ。」

欲しかったのは、空を自由に飛べる翼じゃない。

「どうして、笑わないんだ?」
「だから、笑ってるわよ。おかしな人ね。」
くすくすと声を漏らしながら、「笑ってる振り」。

欲しかったのは、そんな偽りなんかじゃない。

「泣きたいのなら、泣けばいい。」
………………

欲しかったのは、そう。

「泣き場所になら、なってやるから。」
細くて、力強く握ってしまったら、折れてしまいそうな手首を掴んで、自分の元に引き寄せる。

欲しかったのは、君の笑顔。
欲しかったのは、君からの愛情。
欲しかったのは……君自身。

『……視線の先に映るのは、誰なんだ?
その寂しそうな表情(かお)を、俺には変えられないのか?』

独占欲と、欲望と、理性と。
その混沌の中で、光を掴んで……俺は何がしたい?

「サンキュ……。その気持ちだけで充分……。」
涙を見せずに、俺の元から足早に去ろうとする彼女を、見ていられなくて。
俺は、無意識に彼女を強く抱き締めた。
「ちょ、ちょっと!何……」
「ゴメン。」
言葉を遮って、俺はもう一度抱き締め直した。
暫くの間があって、彼女の肩が少し震えていることに気付いた。
――漸く、漸く泣けたみたいだ。
「あーあ、情けないな……。誰にも知られないで、泣こうと思ってた、の、に……。」
歯切れが悪くなる言葉。
代わりに聞こえてきたのは、嗚咽。

『俺なら……こんなに苦しい思いを、させないのに……。』

ありきたりな言葉だけれど、本当にそう思う。
何もしてやれなくて、ただ、今の俺が出来るのは。
泣き続けている彼女を、抱き締めること。
たった、それだけ。


少し、夜の闇が空を支配し始めた頃。
ごめんね。
俺の胸元から聞こえて、そっと腕を放した。
「人前でだけは、泣きたくなかったんだけどな。」
今度はちゃんと微笑んでいる。
久し振りに見た。優しい微笑みだ。
「君がいつも強がっていたことなんて、ずっと前から知っていたよ。」
対等に扱われないことが、凄く嫌いだから。
理想がとっても高いから。
自分の出来る以上のことを、常にしようとする。
「尤も……それに気付いている奴なんて、俺以外にはいないようだけど、ね。」
――俺以上、君を好きな奴なんて、いるものか。
そう、言外に含ませて、笑う。
「だから、泣きたかったら、泣き場所になってやるから。ね?」
嘘だ。
泣き場所なんかじゃなくて、恋人という地位が欲しい。
でも、彼女の『特別』でいたい思いの方が強くて。

「本当に……ごめんね?」

そんなに自分を責めないでよ。
欲しかったのは、そんな苦しい表情じゃない。

「気にしなくていいって。」

欲しかったのは、君の笑顔だから。

「さ、帰ろうか。暗くなる前に。送るよ。」
……そうだね。


本当に君が欲しくて。
今すぐ奪って、自分のものにしたいけれど、君が傷付くのを見たくないから、俺は偽善者でいる。
本当に、君が欲しいから。
ゆっくり時間を掛けて君を、俺の方に振り向かせるよ。
それまでは、ちょっとだけ『特別』でいさせてくれないか?
   埼玉にて
マエの話へ
2005・5・17  Tue
つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています